投稿

電子シーシャを入れました!

イメージ
ご覧頂きありがとうございます! 今回は、お店にシーシャ入れたお話です。 まず、シーシャとは何かと申しますと、水を入れたポットの上に、香りの染み込んだタバコの葉やハーブを炭で熱してその水蒸気を水を通して吸い込む嗜好品です。 当店では、炭の手間を省く為、電子シーシャ(電気の力でフレーバーを熱して水蒸気を吸い込む)を取り入れました。 シーシャ本体 本体画像です!このシーシャの上に電気蒸発器なる物を取り付けます。 これです。 イーフーカー 電子シーシャ本体ですね! カッコいい! 高級感漂います。 値段も高級ですが。。 いよいよ本体を準備しようかと思ったその時!! 割れてる! ガラス本体が。。 安い本体を買った為に、不良品を掴んでしまった。。 検品が行き届いていない中国工場の物でしょうか。 これは、早速返品! こうなったら、安心の高級ブランドを買ってまえ! 後日↓ 海外から輸入しました! 一流ブランド品。 職人が一つ一つハンドメイドした一品。 確かイスタンブールから届いた気がします。 早速開封の儀! オデュマン!! カッコええわ! 専用のバックもしっかりしている。 めちゃくちゃ興奮しますな。 本体ですね! 全てがしっかりと作られていてさすが高級品。 映える撮り方で撮ってみた。 う〜ん、いいなぁ。 静かな店内でウイスキー片手にまったりとシーシャを吸いながらくつろいで見たい方は是非お越しください! 無害なのでご安心ください! 別オプションで、水の代わりにウイスキーを入れると、劇的に美味しくなります! 酔っ払いますがw シーシャは時間無制限で1500円です! この機会にぜひ当店へ!

ホテルオークラのオーキッドバー・スターライトさんへ訪問

イメージ
ブログをご覧いただき有難うございます。 今回はホテルオークラ東京にお邪魔しました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 7月1日東京虎ノ門にいる。 新橋からタクシーで5分。 柔らかなライトが輝く高層ビルが立ち並ぶ。 さすがは虎ノ門。繁華街とは違った落ち着いたネオンがチラホラと輝く大人の夜の街といった雰囲気。 その雰囲気の中にホテルオークラ本館は存在する。 タクシーが正面入り口で停車すると、ホテルマンがエスコートしてくれる。 優雅なひと時を最初から演出するオークラさん流石だ。 入り口を入ると建て直しでも以前の面影が残る豪勢な雰囲気。 早速、インフォメーションにてオーキッドバーの場所を聞く。 1階にあるとの事でそのまま案内された。 入るとそこは、優雅なひと時を演出する豪華なバーだった。 予約席には、マッカラン12年がボトルで置いてあり、スーツを着た外国人もかなり多く目立った。 カウンター希望を伝えると、荷物を預かってもらい着席。 メニューは利用かどうか聞かれたので、もちろん一般庶民はメニューが必要だ。 そこには、高級レストランのようなメニュー内容で目眩を起こしそうになる。 だが、カウンターは絶景だ。 目に付くウイスキーを頼みたかったが、正体不明の恐ろしさが迫って来る為、今回はスタンダードカクテルにした。 マティーニ 2,000円 マティーニ、そして、 ダイキリ 2,000円 ダイキリ。 雰囲気も相乗効果を生んでさらに美味しい。それぞれ1杯2000円税別。チャージは無し。サービス料10%。 飲みながらオークラの建て直しについてバテーンダーさんとお話ししていると、建て直し後に新しくできたバーが、最上階にあるとオススメされたので、とりあえず覗きに行ってみることにした。 エレベータを降りるとすぐに、入り口のフロントマン3人に見られたので、一旦隠れた。 見たいが、中に入らないと見れないので行くしか無いと決心し入店。 景色が見える席に通されメニューをもらう。 絶景を見ながらメニューで品定め。 別メニューも存在した。 カクテルメニューだ。 最初に目に飛び込んで来たのは、フレッシュフルーツのカクテル。 ぜひ飲んでみたい。 スイカと、キウイを使ったカクテル、サマーグレイスを注文。 カクテルを待っている間に、バーテンダーを眺める。 とりあえず、チャームとお水を楽しもう

Bar Algernon Sinfoniaさんへ訪問

イメージ
ブログをご覧いただき有難うございます。 今回は赤坂のアルジャーノさんにお邪魔しました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 6月25日(木)夜の赤坂に繰り出した。 キラキラネオンの輝く街の中のビルの一角にその店はある。 赤坂見附駅からエスプラナード赤坂通りを歩くこと数分、1階に雪華堂さんのあるビルの3階に位置する。 裏に廻るような形で入るので、慌てずにゆっくりビル側面に沿って歩いていただきたい。 1階の階段脇の看板をじっくり眺めたら、エレベーターで3階に上がって目に入る手書きのテイクアウト看板の前で一礼しよう。 中から常連さんらしき人の声が聞こえる。 入りづらい。。 勇気を振り絞り、一気にドアを開ける。 カウンターにいたのは女性バーテンダー兼代表の小栗絵里加さんだ。 カウンターはソーシャルディスタンスを保ち3組ほどいたため、テーブル席に案内され、雰囲気を楽しみながら着席。 恐れ多くも、一応ご挨拶と名刺交換させて頂き撮影許可も得た。 天使ののような笑顔と謙虚さで快く受けて下さった。(なんて優しい対応だ(*´꒳`*)ポッ) テーブル席着席後すぐに、常連のお客様が気を使ってカウンターを空ける為にお会計をされていた。。。今日は帰る予定だったのでと。。 私たちが邪魔になってしまった。 神的対応のお客様に感謝すべく、お店貢献精神を高め、いざ尋常に勝負! カウンター前で小栗さんを撮影させて頂いた。 照れた表情が劇的な可愛さだ。。 早速注文してみた。メニューは置いてないシステムだ。 最初はマティーニと、東京インターナショナルショー2017内で行われた、なでしこカップ優勝カクテルの「マザーズ・ブロッサム」をオーダーした。 お酒を作るその姿は撮影した時とはまた違う、プロのバーテンダーとしての顔を見せてくれた。 そのギャップに萌える人も少なくはないだろう。 キレッキレの姿に魅せられる気品。 この感極まる瞬間だけでも価値があるだろう。 実は私はマティーニが大の苦手なのだが、このお方のマティーニなら、もしかしたら克服できるかもと期待を込め口に含んだ。 *・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・* なんともまろやかな口当たり! そして、全体的に絶妙なバランスで仕上げられている。 正直に言おう。美味しい!セレクトしてい