投稿

6月, 2020の投稿を表示しています

Bar Algernon Sinfoniaさんへ訪問

イメージ
ブログをご覧いただき有難うございます。 今回は赤坂のアルジャーノさんにお邪魔しました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 6月25日(木)夜の赤坂に繰り出した。 キラキラネオンの輝く街の中のビルの一角にその店はある。 赤坂見附駅からエスプラナード赤坂通りを歩くこと数分、1階に雪華堂さんのあるビルの3階に位置する。 裏に廻るような形で入るので、慌てずにゆっくりビル側面に沿って歩いていただきたい。 1階の階段脇の看板をじっくり眺めたら、エレベーターで3階に上がって目に入る手書きのテイクアウト看板の前で一礼しよう。 中から常連さんらしき人の声が聞こえる。 入りづらい。。 勇気を振り絞り、一気にドアを開ける。 カウンターにいたのは女性バーテンダー兼代表の小栗絵里加さんだ。 カウンターはソーシャルディスタンスを保ち3組ほどいたため、テーブル席に案内され、雰囲気を楽しみながら着席。 恐れ多くも、一応ご挨拶と名刺交換させて頂き撮影許可も得た。 天使ののような笑顔と謙虚さで快く受けて下さった。(なんて優しい対応だ(*´꒳`*)ポッ) テーブル席着席後すぐに、常連のお客様が気を使ってカウンターを空ける為にお会計をされていた。。。今日は帰る予定だったのでと。。 私たちが邪魔になってしまった。 神的対応のお客様に感謝すべく、お店貢献精神を高め、いざ尋常に勝負! カウンター前で小栗さんを撮影させて頂いた。 照れた表情が劇的な可愛さだ。。 早速注文してみた。メニューは置いてないシステムだ。 最初はマティーニと、東京インターナショナルショー2017内で行われた、なでしこカップ優勝カクテルの「マザーズ・ブロッサム」をオーダーした。 お酒を作るその姿は撮影した時とはまた違う、プロのバーテンダーとしての顔を見せてくれた。 そのギャップに萌える人も少なくはないだろう。 キレッキレの姿に魅せられる気品。 この感極まる瞬間だけでも価値があるだろう。 実は私はマティーニが大の苦手なのだが、このお方のマティーニなら、もしかしたら克服できるかもと期待を込め口に含んだ。 *・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・* なんともまろやかな口当たり! そして、全体的に絶妙なバランスで仕上げられている。 正直に言おう。美味しい!セレクトしてい