投稿

7月, 2020の投稿を表示しています

ホテルオークラのオーキッドバー・スターライトさんへ訪問

イメージ
ブログをご覧いただき有難うございます。 今回はホテルオークラ東京にお邪魔しました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 7月1日東京虎ノ門にいる。 新橋からタクシーで5分。 柔らかなライトが輝く高層ビルが立ち並ぶ。 さすがは虎ノ門。繁華街とは違った落ち着いたネオンがチラホラと輝く大人の夜の街といった雰囲気。 その雰囲気の中にホテルオークラ本館は存在する。 タクシーが正面入り口で停車すると、ホテルマンがエスコートしてくれる。 優雅なひと時を最初から演出するオークラさん流石だ。 入り口を入ると建て直しでも以前の面影が残る豪勢な雰囲気。 早速、インフォメーションにてオーキッドバーの場所を聞く。 1階にあるとの事でそのまま案内された。 入るとそこは、優雅なひと時を演出する豪華なバーだった。 予約席には、マッカラン12年がボトルで置いてあり、スーツを着た外国人もかなり多く目立った。 カウンター希望を伝えると、荷物を預かってもらい着席。 メニューは利用かどうか聞かれたので、もちろん一般庶民はメニューが必要だ。 そこには、高級レストランのようなメニュー内容で目眩を起こしそうになる。 だが、カウンターは絶景だ。 目に付くウイスキーを頼みたかったが、正体不明の恐ろしさが迫って来る為、今回はスタンダードカクテルにした。 マティーニ 2,000円 マティーニ、そして、 ダイキリ 2,000円 ダイキリ。 雰囲気も相乗効果を生んでさらに美味しい。それぞれ1杯2000円税別。チャージは無し。サービス料10%。 飲みながらオークラの建て直しについてバテーンダーさんとお話ししていると、建て直し後に新しくできたバーが、最上階にあるとオススメされたので、とりあえず覗きに行ってみることにした。 エレベータを降りるとすぐに、入り口のフロントマン3人に見られたので、一旦隠れた。 見たいが、中に入らないと見れないので行くしか無いと決心し入店。 景色が見える席に通されメニューをもらう。 絶景を見ながらメニューで品定め。 別メニューも存在した。 カクテルメニューだ。 最初に目に飛び込んで来たのは、フレッシュフルーツのカクテル。 ぜひ飲んでみたい。 スイカと、キウイを使ったカクテル、サマーグレイスを注文。 カクテルを待っている間に、バーテンダーを眺める。 とりあえず、チャームとお水を楽しもう